ブログタイトル

雨漏り発生!?原因を探るためのポイントとは?

天井や壁紙に覚えのない染みが出来ている、気がつけば床に水たまりが出来ている、これは典型的な雨漏りのサインです。

雨漏りをそのまま放置していると、壁紙だけでなく建物内部の木材などが腐って建物の強度が低下したり、大規模なカビの温床となって健康被害を及ぼしたりします。

また、雨漏りの影響が大きくなると、修繕にかかる費用も高額になってしまうでしょう。

いち早く雨漏りの原因を見つけ、被害の拡大を防ぐために、今回は典型的な雨漏りの原因と応急処置の方法についてご紹介します。

 

雨漏りはどこから起こる?代表的な雨漏りの原因

雨漏りの原因としてよくイメージされるのが、屋根付近の老朽化や破損によって起こるものです。

これは、屋根材や屋根に相当する部分が破損、老朽化で防水性が低下し、雨水の浸入を防止できなくなったというもので、台風や地震などで建物に大きな負荷がかかった場合や、耐用年数を超えた屋根材を使い続けている場合、塗料が劣化した場合などに発生します。

応急処置としては、原因部位が広範囲にわたる場合はブルーシートで覆う、亀裂や剥がれなど小規模な場合は住宅用シリコンシーラントを充填して埋める方法が用いられます。

ただ、屋根由来の雨漏りに対処するためには、屋根の上に登らなければならないため、作業を行う際には転落防止対策が必須です。

また、老朽化した屋根材の場合、屋根の上を歩くだけで破損してしまう可能性が高いため、自分で雨漏りの対処をするのはあまりおすすめできません。

屋根由来の雨漏りを見つけた場合は、できるだけ早くリフォーム業者などに連絡し、原因の究明と修繕をお願いしてください。

 

雨漏りは屋根以外からも発生する

雨漏りと言えば屋根のイメージですが、それ以外の部分でも雨漏りは起こります。

屋根以外から発生する雨漏りで多いのは、外壁に発生したひび割れや、サッシ類と外壁の隙間を埋めているコーキングの隙間から発生するものなどです。

特にコーキングについては雨漏りの原因となりやすい部位ですので、壁からの雨漏りがある場合にはまずコーキング部分を確認してみると良いでしょう。

応急処置の方法としては、市販の変成シリコンシーラントなどで隙間を埋める方法などがあります。

ただし、シーラントは基本的に古いものに重ね塗りすると十分な接着力を発揮することが出来ないため、できるだけ早くリフォーム業者にシーラントの打ち直しを依頼してください。

外壁の破損については、ブルーシートを貼り付ける、こちらもシーラントを塗って塞ぐといった応急処置の方法があります。

 

雨漏りの修理はできるだけ早く専門業者へ!

雨漏りが室内から確認できる状況というのは、すでに目に見えない部分、例えば屋根裏や壁内部に大量の雨水が浸入している可能性が高いと言えます。

このような状況をそのまま放置していると、柱や梁が腐り建物が傾くだけではなく、最悪の場合倒壊にも繋がってしまいます。

雨漏りは住宅に発生するトラブルの中でも特に緊急性の高いものです。

発見したらできるだけ早くリフォーム業者などに連絡し、被害が拡大する前に対処してください。

ご連絡の際には、雨漏りの箇所や雨漏りが起こるタイミング、漏れている水の量や勢いなどを伝えるとスムーズに話が進みますので、可能ならあらかじめメモしておくと良いでしょう。

 

スレート屋根の塗装リフォームでタスペーサーが便利な理由とは

スレート瓦の塗装リフォームでは、前回の記事でご紹介したようにスレートの隙間から雨水を排出する『縁切り』という作業が欠かせません。

この縁切り作業、工事方法にいくつかの種類があるのですが、現在ではタスペーサーという器具を用いた方法が主流となっています。

なぜ縁切りでタスペーサーが広く利用されているのか、タスペーサーが便利な理由について見ていきましょう。

 

タスペーサーの構造と使用におけるメリット

スレート屋根の塗装リフォームで用いられるタスペーサーは、簡単に言えばクリップのような構造を持った部材です。

上の画像を見ていただくとわかりやすいのですが、タスペーサーの左右にある部品が本体から飛び出しています。

タスペーサーをスレート瓦に差し込むと、この板バネのような部分によってスレート瓦が持ち上げられ、塗料が隙間を埋めてしまうのを防ぎます。

また、こちらの画像でもあるように、タスペーサー自体にも隙間が空けられているため、この部分からも内部に侵入した雨水の排出が可能です。

 

タスペーサーを利用するメリット

スレート瓦の塗装リフォームでタスペーサーを使用する最大のメリットは、工期が短くなることと、確実な縁切りが行えることです。

一般的な縁切り作業では、職人が2人で作業して約1日が工期の目安ですが、タスペーサーはスクレーパー等でスレート瓦を持ち上げて差し込むだけで施工できるため、同程度の屋根面積なら半分以下の時間しかかかりません。

また、全ての塗装工程が完了した後に施工しなければならない通常の縁切りと違い、タスペーサーは下塗り後の施工が可能なため、作業の合間に設置できるのも工期の短縮に繋がります。

この下塗り後に施工が可能というメリットは、確実な縁切りにも効果的です。

通常の縁切りでは、全ての塗装工程が終わってからスクレーパーや皮スキといった器具で隙間を埋めている塗料を切り開いていくのですが、ある程度時間を空けても隙間に入り込んだ塗料が硬化していない場合があります。

このような状態で縁切りを行うと、固まっていない塗料によって隙間がまた埋められてしまい、縁切りが不十分になりやすいのです。

タスペーサーを使用すれば、隙間が常に持ち上げられた状態が維持されるため、縁切り部分が埋まってしまうリスクが抑えられ、雨漏りなどが起こりにくくなります。

 

タスペーサーを使うとスレートが割れる?

タスペーサーについて調べてみると、デメリットとしてタスペーサーを入れるとスレートが割れやすくなってしまうと説明されていることがありますが、結論から言えば、タスペーサーを設置することによってスレートが割れやすくなるということはありません。

老朽化が進み強度が著しく低下したスレートにタスペーサーを設置すると破損する可能性はありますが、そこまで弱ったスレートの場合、通常の縁切り作業やちょっとした強風でも簡単に破損してしまいます。

基本的に、タスペーサーは適切な工法で適切な製品を用いれば屋根を壊すことはなく、一部で語られているタスペーサーのデメリットは、不十分な施工や無理な施工が原因である場合がほとんどです。

スレート屋根の塗装リフォームを行う際には、こういったトラブルが起きないよう、十分な知識と経験がある塗装業者に施工を依頼しましょう。

 

 

 

スレート屋根の塗装リフォームで縁切りが必須なわけとは

軽量で施工性が高いとして人気のスレート瓦。

定期的に塗装リフォームを行えば耐久性も確保できる優れた屋根材ですが、ひとつだけ塗装の際に注意しなければならないことがあります。

その注意点とは、『縁切り』が必須だと言うこと。

もしこの『縁切り』が不十分だった場合、雨漏りが発生したり屋根が腐ったりしてしまいます。

スレート瓦に必須の『縁切り』についてご紹介していきます。

 

スレート瓦の『縁切り』とは?

スレート瓦は日本瓦やセメント瓦などと同じように板状の製品を重ねて施工していますが、これは、屋根材を重ねることでさまざまな隙間から入った雨水が屋根の下地まで届かないようにするという効果があります。

縁切りとは、この施工方法を用いる際に必須となる作業で、重なった下側部分の屋根材が受け止めた雨水を屋外側に排出するための隙間を作るというものです。

もし、スレート瓦の塗装リフォームを行った際にこの縁切り作業が不十分であった場合、隙間から入った雨水が排出されず屋根の中に留まり続けてしまうため、雨漏りや屋根の傷みなどが起こります。

 

 

縁切りはどのタイミングで必要になる?

縁切りは基本的にスレート瓦に塗装リフォームを施した際に行います。

これは、塗装作業によって元々存在していた縁切りが埋まってしまい、雨水が抜けなくなってしまうことが理由です。

新築の場合はあらかじめ塗装済みのスレート瓦を張り付けて施工するため、塗装によって隙間が埋まるという問題が起こらず、縁切りは必要ありません

スレート瓦の塗装リフォームにおける『縁切り』は、全ての塗装工程が終わった後、上塗りが完成して塗膜が硬化してから行う場合と、専用の器具を用いて下塗り後に実施する場合とがあります。

 

 

縁切りの方法

基本的な縁切り作業は、塗膜によって塞がれているスレート瓦下部の隙間をスクレーパーやカッターなどで切り開くといったものです。

近年では作業工程の短縮と縁切りの確実化を両立出来るとして『タスペーサー』という器具を差し込む工法が主流となっており、この場合は下塗り後にスクレーパーで隙間を空けてタスペーサーを差し込み、隙間を確保するという流れで作業が行われます。

従来の工法に比べると、タスペーサーの購入費用分ややコストが割高になりますが、信頼性が高く施工不良も起こりにくいので保険としての導入をおすすめします。

 

スレート瓦の塗装リフォームでは縁切りの有無を確認しよう

スレート瓦に塗装リフォームを施す際には、ほぼ縁切りが必須の工程です。

そのため、スレート瓦の塗装リフォームを依頼する際には、見積もり書に縁切りの項目があるかどうかをしっかりと確認してから依頼を行ってください。

ただし、縁切りは新築後初回の塗装リフォームを行う際など、屋根材の隙間が十分確保されている状態であれば不要な場合もあるので、工程に縁切りが含まれていなかったとしても信頼できない業者というわけではありません。

まずは縁切りの有無を確認し、もし縁切りの工程が含まれていない場合はなぜ不要なのかを質問し、納得のいく説明を行える業者が信頼できる業者だと言えるでしょう。

 

 

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織