ブログタイトル

外壁塗装はなぜ必要?塗装を行うタイミングについて

外壁塗装のタイミングはわかりにくい

自宅の定期点検の際などに、担当者から外壁の劣化を指摘されたり、同じ時期に建てられた住宅が外壁の塗り替えを行ったりしていると、自宅も同じように塗り替えを行った方が良いのか迷ってしまいます。

とはいえ、外壁の塗り替えリフォームを行うとなると、それなりに費用がかかってしまうため、できれば塗り替えを行う回数は少なく抑えたいと考える方も多いでしょう。

今回は、外壁塗装リフォームがなぜ必要なのかについてと、リフォームを行うタイミングについてご紹介します。

 

外壁塗装はなぜ必要なのか?

住宅の外壁には、サイディングやタイル、モルタルなどさまざまな材料が用いられていますが、どの材料を用いている場合でも、基本的にコーティングや塗装が施されています。

これは、外壁材に雨水や日光が直接触れるのを防ぐ目的で施工されているのですが、もし何らかの理由でこれらのコーティングが失われてしまうとどのような問題が起こるのでしょうか?

住宅の外壁に用いられている材料は、そのままの状態で十分な耐水性を持っているというわけではありません。

モルタルは水分が染みこみやすいという性質がありますし、金属製サイディングはそのままだと錆びます。

窯業系サイディングの場合は、ある程度の耐水性を持っている製品もありますが、こちらはひび割れやサイディングの隙間を埋めるシーリング材の劣化による防水性の低下を考えなければなりません。

外壁塗装というと、どうしても住宅の見た目に関わるポイントと考えられがちですが、実は見た目ではなく、建物の状態を保つために必要なものなのです。

もし、何らかの理由で外壁塗装やコーティングが失われてしまうと、建物内部に浸入した雨水によって、柱や梁などの構造物が劣化したり、カビによる健康被害が起きたりします。

 

外壁の塗り替えリフォームを行うタイミング

外壁の塗り替えはどのようなタイミングで行うと良いのでしょうか?

塗装で仕上げられた外壁の場合、

・塗装の艶が失われる

・色褪せが起きる

・塗装面に白い粉が浮く『チョーキング』が起こる

・苔やカビなどが生えてくる

などの症状が起こりますが、これは全て塗装の劣化を示しています。

ご自宅の外壁を確認し、もしこのような症状が起きていたら、リフォーム会社に連絡して外壁の状態をプロの目で調査してもらうと良いでしょう。

窯業系サイディングなどの劣化が起こりにくい外壁の場合については、表面ではなくサイディング材の隙間を埋めているシーリング材部分を確認してください。

シーリング材部分に細かなひび割れができていたり、指で押した際に弾力が感じられなくなったりしている場合は、外壁のリフォームを行うタイミングだと言えます。

 

一般的な外壁塗装のタイミングは約10年

一般的に、新築してから外壁の塗り替えを行うまでのタイミングは、約10年が目安とされています。

もちろん、新築時に用いた塗料や外壁の種類によって塗り替えまでの期間は変わるので、10年より早く劣化症状が発生する場合もあります。

また、外壁の劣化は周辺環境や建物の向きなどによっても変化するので、築7年を過ぎたぐらいのタイミングで目視による劣化チェックを行い、劣化が見られたらリフォームの準備を行うと良いでしょう。

 

 

 

外壁塗装リフォームは何時が良い?外壁塗装のタイミング

外壁塗装リフォームのタイミングは何時が良い?

家のメンテナンスで悩むのが、リフォームを行うタイミングです。

ただ性能を上げたい、便利にしたいという目的なら何時やっても良いのですが、家の状態を維持する目的でリフォームを行う場合などは、できる限り耐用年数ぎりぎりまでリフォームのタイミングを遅らせ、コストを削減したいものです。

特に、外壁塗装リフォームは一度の工事でかかる費用が高額なため、リフォームのタイミングを調整するかどうかによって、将来的に必要となるコストは大きく変わってしまうでしょう。

 

理想的な外壁塗装のタイミングは約10年

一般的に、外壁塗装のリフォームを行うタイミングは前回の工事から約10年が目安とされています。

これは、住宅の外壁に広く用いられている窯業系サイディングボードの防水性能が約10年で低下しはじめることが理由です。

窯業系サイディングボードは、見た目こそ陶器のようですが、実際にはセメントが主な材料として用いられており、陶器などのように素材そのものに防水性があるというわけではありません。

そのため、製造段階でこれらのサイディングボードには防水塗装を施されており、この塗装の寿命である約10年が外壁塗装リフォームのタイミングとされているのです。

とはいえ、これはあくまでセメント製の窯業系サイディングを使っている場合での話ですので、陶器タイプのサイディングや金属製サイディング、木質系サイディング、モルタル壁の場合はまた話が変わります。

 

外壁塗装のタイミングは塗装の劣化から判断する

外壁塗装のタイミングをよりしっかりと判断したいという場合には、外壁塗装の状態から劣化具合を把握すると良いでしょう。

住宅に用いられている塗料は、紫外線などの影響で段々と劣化するため、定期的に外壁の状態を確認しておけば、塗り直しが必要なタイミングを判断できます。

 

外壁が色褪せてきている

塗装や外壁材の交換した直後に比べ、外壁の色あいが白っぽく薄くなっている状態が色褪せです。

雨や風などで起こることもありますが、色あせの原因は主に紫外線。

紫外線によって塗料の成分が分解され、機能が低下しはじめると、色褪せという症状が現れます。

とはいえ、色あせは外壁塗装の劣化段階としては初期のものですので、色褪せたらすぐに外壁塗装リフォームが必要というわけではありません。

色褪せを把握したら、まずはリフォーム会社などのプロに連絡し、塗装の状態を確認してもらうと良いでしょう。

 

チョーキング、塗膜の膨らみ、塗膜の剥がれ

チョーキングとは、塗装に触れるとチョークの粉のような汚れがつく症状のことで、紫外線による塗装の劣化で塗膜がボロボロになっていると現れます。

塗膜の膨らみや剥がれも同様の原因ですが、こちらはチョーキングよりさらに劣化が進んだ段階です。

どちらの症状も塗装の劣化がかなり進行している状態で現れるものですので、発見したら早めに外壁塗装リフォームの準備を行うようにしてください。

 

その他の危険な症状

色褪せやチョーキング、剥がれといった症状の他にも、外壁の劣化症状にはさまざまなものがあります。

特に、モルタル壁などの塗壁で起こる『クラック、ひび割れ』、サイディング外壁で発生する『シーリング材の割れ』は、隙間から雨水が浸入してしまう可能性が高い症状のため、できるだけ早い対処が必要です。

住宅外壁の劣化は、雨漏りによる建物の傷みの原因です。

定期的に外壁の状態を確認し、何か問題が見つかったらリフォーム会社などに連絡して対応を相談するようにしてください。

シリコン塗料のメリット・デメリットと基本的な特徴をご紹介

シリコン塗料の特徴とメリット

 

住宅外壁の塗装リフォームで近年人気が高まっているシリコン塗料。

外壁リフォームを相談した際に、施工業者からシリコン塗料をおすすめされたという方も多いのではないでしょうか?

今回は、なぜシリコン塗料がおすすめされることが多いのか、人気が高いのかについて、シリコン塗料の特徴と施工した場合のメリット・デメリットから考えてみます。

 

シリコン塗料の特徴とは?

シリコン塗料とは、塗料の主成分にシリコン樹脂を用いた塗料のことです。

身の回りで用いられているシリコン樹脂製品と同じく、ケイ素という元素を材料として用いられています。

まず、このシリコン塗料の特徴について見てみましょう。

 

1.シリコン塗料は耐熱性に優れている

シリコン塗料に用いられているシリコン樹脂は、基本的に熱に強いという特性を持っています。

身の回りで使われているシリコン樹脂製品でも、オーブンで直接使用できる調理器具があるように、シリコン樹脂の耐熱性は低いものでも約200度、高いものでは約600度です。

住宅外壁用塗料として考えた場合、ここまでの耐熱性が必要となることはほとんどありませんが、耐熱性が低いと夏場の太陽光による加熱で塗料が劣化する可能性もあるため、ある程度の耐熱性が確保されているのは耐久性の向上に効果的だと言えます。

 

2.シリコン塗料は汚れにくい

市販されているシリコン塗料は、塗膜に親水性を持つものが多くあります。

親水性とは、物質が水に溶けやすい、なじみやすいということです。

外壁塗装で塗膜の親水性が高い場合、外壁に付着した汚れより塗膜の方が水になじむため、雨が降ると塗膜と汚れとの間に雨水が浸入し、汚れが浮き上がります。

つまり、親水性が高ければ、雨が降るたびに外壁の汚れが洗い落とされ、外壁が汚れるのを防ぐことができるのです。

 

3.シリコン塗料は施工費用と耐用年数のバランスが良い

外壁塗装に用いる塗料を選ぶ際には、施工にかかる費用と塗装の性能が重視されますが、その他にも塗装がどれだけ持つかと言うことも重視しなければなりません。

シリコン塗料は、この施工費用と耐用年数のバランスが良いとされています。

施工費用については、施工する業者や使用する製品によって多少変化しますが、1平方メートルあたり約2,000円、耐用年数については概ね約10年が目安です。

施工価格が近いウレタン塗料の耐用年数が約8年と言うことを考えると、約2年寿命が長いシリコン塗料は、それだけコストパフォーマンスが良い塗料だと言えるでしょう。

 

シリコン塗料にデメリットはある?

外壁用の塗料として多くのメリットがあるシリコン塗料ですが、使用するにあたってデメリットとなるような特徴はあるのでしょうか?

施工費用がウレタン塗料に比べて高い、フッ素塗料やセラミック塗料に比べて寿命が短いという点がデメリットと言えるかもしれません。

しかし、シリコン塗料のコストパフォーマンスを考慮した場合、これらの特徴はデメリットと言えるほど大きな問題とは言えないでしょう。

外壁塗装で断熱性などの性能を求めず、ある程度の価格で維持しやすい環境にしたいという方は、シリコン塗料をおすすめします。

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織