ブログタイトル

下塗り塗料はなぜ必要?必要性を徹底解説します

外壁塗装について調べているとほぼ確実に目にするのが「下塗り」という工程です。

下塗りとは、本塗装の前に下地へ塗る塗装のことなのですが、なぜ外壁塗装の際に下塗りを行わなければならないのでしょうか?

今回は外壁塗装で欠かせない下塗りの意味と、下塗りで用いられる塗料の特徴について解説していきます。

 

外壁塗装の下塗りはなぜ必要?

外壁塗装リフォームの作業工程を調べると、ほぼ下塗りの工程が入っています。

もし、この下塗り工程を省いて中塗りと上塗りを行うとどうなるのでしょうか?

下塗りで用いられている下塗り塗料は、基本的に下地となる外壁と中塗り・上塗り塗料とをより強固に結びつける接着剤のような役割を持っています。

つまり、もし下塗りを行わずに中塗り・上塗りを行ったとすると、下地と塗装との結びつきが弱くなり、短期間で塗膜が剥がれる可能性が高くなるのです。

また、下塗り塗料は土壁や板壁やひび割れのある外壁など、塗料を吸い込みやすい下地に上塗り塗料が不必要に吸い込まれて十分な塗膜の厚みが確保できなくなるのを防ぐ目的でも使われます。

ただし、こういった吸収力が高い下地の場合は下塗り塗料そのものが吸収されてしまう可能性があるため、状態によっては下塗りを何度かに分けて行う場合もあります。

 

下塗り塗料で塗料の性能を向上させる

外壁用塗料の中には、遮熱効果や防カビ・防サビ機能があるものも販売されています。

こういった高機能塗料の性能を十分に発揮させるためには、下塗り塗料の組み合わせにも気を配らなければなりません。

遮熱塗料を用いるなら遮熱効果のある下塗り塗料を、防カビ・防サビ機能を導入するなら下塗り塗料にも同様の効果があるものを選べば、より効果的に上塗り塗料の性能を引き出すことができます。

 

下塗り塗料の種類について

下塗り塗料として販売されている塗料にはさまざまな種類があります。

今回はその中でも特に利用頻度が高いものについて解説していきます。

 

塗料の食いつきを向上させる「シーラー」と「プライマー」

ほとんどの外壁塗装で用いられているのがこちらの「シーラー」と「プライマー」です。

どちらも上塗り塗料の密着力を高める目的で用いられる下塗り塗料ですが、シーラーは下地に塗料が吸い込まれるのを止める効果が高いという特徴があります。

プライマーの場合も同様に塗料の吸い込みを防止し、下地への密着力を高める働きがありますが、こちらは金属製下地に向いた製品が多いため、金属と言えばプライマーを使用するのが一般的です。

とは言え、この2種類は厳密な分類があるわけではなく、メーカーによっては同じ意味として扱われている場合もありますので、基本的には塗装の密着力を高める下塗り塗料だと考えておけば良いでしょう。

 

下地の状態を整える「フィラー」

フィラーとは、傷んだ下地や凹凸のある下地に用いられる粘度の高い下塗り塗料です。

ひび割れを埋めたり、外壁の凹凸を埋め、下地を平らに整える効果があります。

モルタル外壁でひび割れがある場合などに多く用いられますが、ひび割れを埋める場合は塗膜がゴムのように伸縮する「微弾性フィラー」を用います。

 

外壁塗装は下塗り塗料で決まる

下塗り塗料は中塗り・上塗り塗料の密着力を高めたり、下地の状態を維持したり、塗装の性能を向上させたりとさまざまな効果があります。

特に塗膜の密着力を高める効果と下地の状態を保つ働きについては、施工後の耐久性にも影響を及ぼす部分ですので、外壁塗装リフォームの際には建物の状態、使用する塗料にあった下塗り塗料を選びましょう。

 

外壁塗装で家をオシャレに!失敗しない塗装の決め方とは?

住宅の外壁は面積が大きく、外壁塗装で色を変えるだけで建物の印象が大きく変わります。

数年に1度の外壁塗装リフォーム、折角の機会に家をオシャレにデザインしたいという方も多くいらっしゃいます。

しかし、外壁塗装は1度塗り替えると塗装の寿命上短くて約6年、耐用年数の長い塗料の場合、約20年そのまま使い続けることができるため、デザインが気に入らなくとも次の塗り替えタイミングまで我慢しなくてはなりません。

もちろん、費用を払って塗り替えを行えばデザインを変えることはできますが、外壁塗装リフォームの費用は比較的高額ですので、できる限り満足できるデザインで塗装することが大切です。

今回はプロの視点から後悔しない外壁塗装デザインについてご紹介します。

 

外壁塗装後のデザインをしっかりイメージしておく

外壁塗装のデザインを決める際には、まずどんな仕上がりになるかをしっかりとイメージしておくことが重要です。

この時に役立つのが、リフォーム会社で公開されている過去の施工情報です。

こちらは当店が今まで施工した外壁塗装リフォームをまとめたページです。

外壁塗装をお考えでイメージが掴みにくいという方は、こちらをご覧になっていただき、自宅をどのように塗装したいか考えてみると良いでしょう。

 

外壁塗装のイメージを掴む方法

施工事例以外に外壁塗装のデザインを掴むには、近所を散歩してほかの家を見てみたり、街全体のイメージから似た色を選んだりするのもおすすめです。

また、上の画像を参考にして自分のイメージに近いカラーバランスを選択するのも良いでしょう。

 

人気の外壁塗装デザインをご紹介します

実際の外壁塗装リフォームでよく使われているカラーリング、デザインをご紹介します。

 

こちらは灰色系と白系を組み合わせたデザインで、シックなイメージとなっています。

ダーク系のカラーは広い範囲に使用すると地味な印象を与えがちですが、ホワイト系を組み合わせることでバランス良く落ち着いた雰囲気をつくることができます。

 

こちらは暖色系と白系の組み合わせ。

暖色系単体ではメリハリの薄いデザインになりがちですので、白を組み合わせて暖かみとメリハリとを両立しています。

 

1階と2階の間に差し色を入れてアクセントを付けるデザインです。

単色で塗装する場合に比べ、白いラインのおかげで全体的なデザインが引き締まります。

 

外壁の色やデザインが決まったらプロと打ち合わせ

自分で好みの色やデザインを決めたら、次は外壁塗装を依頼するリフォーム会社に連絡してデザインについての打ち合わせを行います。

当店の場合、外壁塗装のデザインに関する打ち合わせはカラー研修を受けた専門のアドバイザーが担当。

カラーコーディネートだけでなく建物全体のトータルコーディネートまでアドバイスできます。

外壁塗装は時間帯や天気、季節によって受ける印象が大きく変わるものです。

できる限り後悔しないデザイン、色使いになるよう、外壁塗装の際にはプロのアドバイスを必ず受けるようにしてください。

外壁塗装はなぜ剥がれる?塗装が剥がれる原因と補修方法

住宅の外壁塗装が劣化した際に起こる症状のひとつとして「塗膜の剥がれ」があります。

この塗膜の剥がれはどのような原因で起こり、補修するためにはどういった作業が必要なのでしょうか?

 

外壁塗装が剥がれる原因とは?

外壁塗装の剥がれは、経年劣化のほかに施工不良でも起こります。

施工不良による塗膜の剥がれは、下地処理・洗浄の不足、下地材のミスマッチなどが原因です。

もし、施工からそれほど時間がたっていないにもかかわらず塗装が剥がれてしまった場合は、施工不良の疑いが高いため、業者に状態を確認してもらうようにしましょう。

もうひとつの原因である経年劣化については、使用する塗料の種類によって目安となる年数が変わります。

外壁用塗料の耐用年数は、

ウレタン:約7年

シリコン:約10年

フッ素: 約15年

無機塗料:約15年

とされており、この年数を過ぎると塗装の剥がれが起こりやすくなります。

もちろん、劣化の度合いは塗装を施した場所の環境に左右されるので、一概に耐用年数を過ぎると塗装が剥がれるというわけではありません。

しかし、剥がれが無くとも耐水性の低下などといった症状が出ている可能性があるので、耐用年数が過ぎる前にできる限り早めの塗り替えリフォームを考えておきましょう。

 

外壁塗装が剥がれた場合の補修方法について

外壁塗装に剥がれが起きた場合、どうやって修理するのでしょうか?

塗装剥がれの修理方法は、通常の外壁塗装工程と同じで、剥がれた部分の塗装をきれいに取り除き、下地処理をしてから新しい塗料を塗るという流れになります。

そのため、経年劣化による剥がれが起きている場合は家全体の外壁塗装を塗り直す外壁塗装リフォームで対応するのが一般的です。

施工不良や外的要因で部分的な剥がれが生じた場合については、剥がれた部分のみ下地処理からやり直して再塗装を行うことが多いようです。

 

外壁塗装の剥がれ修理にかかる費用は?

外壁塗装が剥がれた場合の修理方法は、経年劣化による全面再塗装の場合は約100万円が目安です。

ただし、全面再塗装は通常の外壁塗装リフォームと同じ作業のため、使用する塗料の種類や外壁の面積などによって費用は大きく変わります。

部分的な補修を行う場合については、剥がれの原因や面積によってこちらも大幅に費用が変わるため、まずは塗装業者に調査を依頼し、見積もりを立ててもらうと良いでしょう。

 

こまめに確認して塗装剥がれによる被害を減らそう

塗装が剥がれた部分は雨水が染みこみやすくなるため、そのまま放置していると建物が傷んでしまいます。

もし、雨漏りなどの被害が起きると、傷んだ構造物まで交換しなければならず、塗装だけの場合に比べ費用が大幅に増大します。

塗膜に触れると白い粉が付着するチョーキングや微細なクラック、塗膜の浮きなど、剥がれが起きる前に発生する劣化症状を見逃さず、被害が発生する前にリフォームなどで対応し、修理費用の増加を防ぎましょう。確認が難しい、確認する暇が無いという方は、当社の「お家の健康診断」をご利用ください。塗装を含めた外壁全体の状態を診断士がしっかりと調査します。

お家の健康診断

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織